f.高蔵寺~那古寺の最近のブログ記事

提案ルート外のルート地図(高蔵寺~那古寺)


a.このルートの東京湾沿いの道は、房総往還(浜街道)と呼ばれ坂東巡礼独案内図やこみなと参詣房総往来記(十辺舎一九)などにも記述されています。江戸庶民の巡礼・観光の道でした。叉、東京湾の海防のための重要な街道でした。
b.鋸山付近の断崖絶壁の下を行く道は、当時の旅人には困難な道であったようです。現在も隧道(トンネル)が多く、歩行者専用の脇トンネルのあるトンネルもありますが、狭いトンネルがほとんどですので、トンネル通過にあたっては車に十分注意されるようにお願いします。赤色点滅灯の携帯が望まれます。
 なお、鋸山の日本寺(五百羅漢)にお参りすることも考えられます。当地は絶景が売り物の観光スポットであり、道はハイキングルートとして整備されていますが、切り出した石を降ろしたという急坂を登るには、少し汗を流す必要があります。地図に破線で示しておきました。
c.岩井駅の先の旧木の根峠は通れません。道が途中で消え山蛭がお迎えです。
d.那古寺の手前に崖観音があります。時間に余裕があればお寄り下さい。
e.高蔵寺~上総湊間は、下図に示すように鹿野山経由と佐貫町経由の2ルートがあります。


takakuranakogaiyou.jpg

・前者は坂東順礼独案内図にも示されており、神野寺へお参りするルートです。鹿野山(352m)を登り降りする必要があり一汗流す必要があります。なお、このルートの詳細は、カテゴリー、現地調査報告の「上総湊~小糸川」と「小糸川~高蔵寺」を見て下さい。
・後者は途中に低い峠越えのような登り降りがありますが、比較的平坦な道です。

・その1(高蔵寺~館山自動車道)

takakuranako1.jpg

・その2(館山自動車道~佐貫)

takakuranako2.jpg

・その3(佐貫~竹岡)

takakuranako3.jpg

・その4(竹岡~鋸山)

takakuranako4.jpg

・その5(鋸山~安房勝山)

takakuranako5.jpg

・その6(安房勝山~宮本)

takakuranako6.jpg

・その7(宮本~那古寺)

takakuranako7.jpg

カテゴリ(目次)