g.千葉寺~笠森寺の最近のブログ記事

〇H21.8.30 笠森寺手前の大庭ルートの追記

 ・笠森寺の真北方向にある大庭部落から笠森寺に登る参道については、これまで「江戸期には大いに使われていたが現在は廃道状態」との情報のもと、ルート放棄していましたが、最近、「関東ふれあいの道」として存続していることが判明しました。このため、現地調査したところ、歩けることが判明しましたので、ルートとして追記しました。*標識はしっかり設置されています。*追分(長柄山)から笠森寺間は、「関東ふれあいの道(森と森をつなぐ道)に指定された道を歩くことになります。
なお、どちらを歩くかについては、調査者としては車の少ない大庭ルートを推奨いたしますが、山道を避けたい方は表門ルート(車道が主)となりますね

 大庭ルートの詳細は、現地調査結果(笠森寺~刑部)を見てください。

提案ルート外のルート地図(千葉寺~笠森寺)    H20.7

a.このルートは、ほとんどが房総街道と呼ばれる道です。房総街道は、浜野~潤井戸~針ケ谷~刑部~長南~小土呂~大多喜~佐野~松野~勝浦(叉は安房小湊)で、途中の追分から茂原へ分岐する道があることから、一部は茂原街道とも呼ばれています。
 上総丘陵を抜けるこの道は、かっては大多喜藩の参勤交代の道であり、叉日蓮ゆかりの小湊誕生寺を訪れる人々の信仰の道でもありました。
b.坂東順礼独案内図では、サブルートとして描かれており、千葉寺~草刈~潤井戸~長柄山~笠森寺で、地図上に地名を明示しておきました。
c.房総半島の分水嶺となっている権現森(その3図の下部)173mは、房総街道では第一の難所で、千葉からここまでは登り道となります。

・その1(千葉寺~浜野)

chibakasamori1.jpg

・その2(浜野~潤井戸)

chibakasamori2.jpg

・その3(潤井戸~権現森)

chibakasamori3.jpg

・その4(権現森~笠森寺)

chibakasamori4.jpg

カテゴリ(目次)