i.星谷寺~慈光寺の最近のブログ記事

・H.21.5.16 追記

  H21.5.9、越生駅~慈光寺間(地図のその10と11)の山道の部分をメインに現地調査を実施しました。
カテゴリーの「現地調査結果」、「m.越生~慈光寺」を見てください。

 

 

  提案ルート外のルート地図(星谷寺~慈光寺) H.20.7.20

1.このルートは、十辺舎一九の坂東順礼の地名を追っかけることにしました。地図上に地名を記載しておきました。
 坂東順礼の経過地名は、本文によれば、星谷~橋本~八王子~灰嶋(拝島)~峰が崎(箱根ケ崎)~金子~並柳(双柳)~可山(鹿山)~平澤~毛呂~越生~大野~慈光寺で、18里24町(約75km)となっています。
 ところで、慈光寺の前の大野は、慈光寺から秩父へのルート上にあることと図面には入っていないことなどから、本文でのミスと考えられます。叉、「灰嶋と峰咲きの間に玉川あり」とも記載されていますが、これもミスと考えられ八王子~灰嶋の間になります。灰嶋宿は現在の拝島1丁目辺りにありました。
 金子~並柳(双柳)~可山(鹿山)~平澤~毛呂~越生については、「このへんすべて難渋のところにて支度すべき茶屋なく不自由なり、とかう弁当のしたくしてもつべきなり」と記述されています。現代風に言えば「コンビニが無い」といったとこだったのでしょうか。 
2.このルートは坂東の巡礼道でありますが、それよりも大山への巡礼道(八王子道)として使われていたことから、道標などでは大山と刻んだものが多いと思われます。
2.このルートは、星谷寺~八王子間はJR相模線、八王子~越生間はJR八高線によく沿っています。歴史的には、古くからあった街道に沿って鉄道が後から敷かれたわけですが。
3.飯能に六道の辻があります。飯能市郷土館から頂いた情報によれば、地名になっており小字である。ここには安永6年(1777年、明治維新の81年前)の庚申塔が建っており、道標も兼ね台座に 南 八王子 大山道、北 おごせ 上州道、西 はんのう ちゝぶ道、東(判別不能)と刻まれています。
4.越生梅林の手前の三叉路の道標には、左 子ノ権現三里二十五町、右 じこうへ二里と刻まれています。叉、近くの最勝寺の六地蔵(門前から境内に移された)にも慈光寺への道が刻まれています。なお、同寺には「源頼朝将軍祈祷所」 の石碑があり、慈光寺へ度々お参りした頼朝がお参りしたようです。
4.越生から慈光寺間は、林道などの多いローカルな道ですが、一部には山道もありますので、地図と現地の標識をよく読んで進んで下さい。なお、難しい道歩きは遠慮したいという方は、越生でそのまま県道を北進する、下図県道ルート(青線)を歩いて下さい。

ogosekendou.jpg

 

 

・その1(星谷寺~原当麻駅)

hoshitanijikoji1.jpg

 

・その2(原当麻駅~南橋本駅)

hoshitanijikoji2.jpg

 

・その3(南橋本駅~片倉)

hoshitanijikoji3.jpg

 

・その4(片倉~八王子IC)

hoshitanijikoji4.jpg

 

・その5(八王子IC~牛浜駅)

hoshitanijikoji5.jpg

 

・その6(牛浜駅~箱根ケ崎)

hoshitanijikoji6.jpg

 

・その7(箱根ケ崎~阿須)

hoshitanijikoji7.jpg

 

・その8(阿須~宮沢湖)

hoshitanijikoji8.jpg

 

・その9(宮沢湖~毛呂)

hoshitanijikoji9.jpg

 

・その10(毛呂~広見峠)

hoshitanijikoji10.jpg

 

・その11(広見峠~慈光寺)

hoshitanijikoji11.jpg

 

カテゴリ(目次)