n.慈光寺~小川町の最近のブログ記事

現地調査報告(9番慈光寺~小川町駅)

|

                                   ・H21.5.11

現地調査報告(9番慈光寺~15番長谷寺ルートの内 慈光寺~小川町駅間)

1.本内容は、H21.5.4(月)、越生駅~9番慈光寺~小川町駅間の現地調査結果の内、慈光寺~小川町間を整理したもの。なお、この調査は、山道と林道の状況を把握するため実施したもので、移動の手段はいつものように折りたたみ自転車によった。
2.慈光寺の起点は、観音堂の正面にある高い階段を下りたところ(広場(道路))において、北北東方向への林道(舗装されている)を進む。なお、この林道入り口の右手には、写真のような案内板が設置されており、小川町駅まで9kmと表示されている。小川町駅までは、局部的なところを除き下り道です。
  ところで、慈光寺~小川町間は、小川町のお勧めのハイキングコースです。

ogawagaiyou.jpg

第 1図 概要図

jikoudeguchi.jpg

     第 2図 慈光寺~出口橋の詳細図

3.慈光寺~出口橋間の道案内
・a点は、観音堂正面の階段下にある広場の、林道の入り口。ここは、舗装された道を案内板に従い北北東方向へ進む。
・b点は、林道のY分岐箇所で、観測装置らしきものをフェンスで囲った設備がある。案内柱が設置されており、案内柱の「小川町駅」に従い、左側の未舗装林道(分岐付近は平坦道)に進む。b点~c点間は未舗装の林道。一方の直線的に右側に進む舗装林道は、この地点から急勾配で下っており、カーブした少し先には民家がある。
・c点は、中腹をまく林道(未舗装)に直角的にぶつかるところで、この道を横断した先は山道となる。ここには、林道の案内板とハイキング道の案内柱がある。山道への入り口部は階段状の下り。c点~d点間はシッカリしたハイキング道で、バイクが通った形跡もあった。途中に石仏もみられる。
・d点は、山道の終点部で、沢を渡る小さな橋があり、ここを渡り正面のぶつかったところを左方向に下る。ここには道標と思われる石柱があるが、文字は読めず(林間で暗い、フラッシュ撮影してきたが読めず)。沢沿いに下ると車道(未舗装)になり、そのまま進むと出口橋に至る。
・e点は、出口橋。傍には民家と馬頭観音がある。出口橋には表字文字はないが、渡った先側に旧橋のものと思われる出口橋と刻んだ小さな石柱がある。民家のおじさんと少し話しをしたが、d点から出口橋間の道は砂防堤の建設で少し変わってきているとのこと。また、水田は猪の被害で廃田状態とのこと。自転車を押しての下りは大変だったのではと慰めの言葉をいただいた。

4.出口橋~小川町駅間は、写真を参考にして下さい。

5.写真

jikouogawaphoto1.jpg

jikouogawaphoto2.jpg

カテゴリ(目次)