q.東金~本納の最近のブログ記事

現地調査結果(東金~本納)

|

現地調査結果(東金~いいの~笠森寺の内、東金~本納間)  H22.5.9

1.目的

a.坂東巡礼独案内図や金草鞋の坂東巡礼に記述されている、東金~いいの~笠森寺間については、「いいの」の地点を解明できなくて、ルートを推測することが難かしい状況にありますが、「いいの」を「飯ノ」→「飯尾寺」と仮定し、ルートを描いて現地調査を行ないました。その内の東金~本納間をまとめたものです。*文献調査結果の「金草鞋の坂東巡礼」も参照して下さい。

b.このルートの選定にあたっては、「関東ふれあいのみち」も参考にしました。その含まれる区間は、⑫付近~⑰付近と(22)~本納です。(地図の青線部) なお、本納から先の笠森寺までは、別報告の、現地調査報告「笠森寺~本納駅」を見て下さい。

c.調査年月日、H22.4.25(日 )晴れ 足としてはこれまでどうり折りたたみ自転車を使った。

d.ルートとして難しいところはありませんが、⑱付近(外房線横断の先)は道を間違えないように少し注意して歩いて下さい。山道はありません。

e.「この地域は上総七里法華の地で、そのためか江戸期の道標はみられない」との情報をマルセさんからいただいていたが、本当に一つも発見できなかった。なお、吉井上の鉾先神社の近くで農作業中のご夫婦と少しお話しをしたが、「当該地域には江戸期の墓石が一つもない」とのこと。また、言い伝えでは「江戸期の大地震の際に、江戸城の石垣の改修のため裏込め材として使われてしまったから」とのこと。江戸城に運んだとはものすごい話しである。

touganegaiaiyouzu.jpg

    概要図 (東金~笠森)

2.地図

a.東金~正法寺

tougane1.jpg

b.正法寺~平沢

tougane2.jpg

c.平沢~本納

tougane3.jpg

3.写真と説明

その1

①東金駅

②ルートの道路(歩道あり)

③八鶴湖 御成り街道の終点となった東金御殿の庭池として築池(慶長18年(1613))

④最福寺 上総法華10ケ寺の一つで中心寺院 

<参考> このあたりは「上総七里法華」の地です。上総七里法華とは、土気城主酒井定隆が顕本法華宗の日泰上人に帰依し、千葉、市原、山武、長生にまたがる領内7里(約27.5)四方、270余りの寺にわたって法華宗に改宗させた宗教改革のことで、戦国時代の房総の宗教史を特異なものにしています。東金の最福寺も、807年最澄創建の縁起をもつ天台宗だった寺院で、文明11年(1479)に改宗、現在日蓮系の単立本山の寺院です。

 現在でも、酒井氏の領地であった千葉市緑区、山武郡市南部、茂原市・市原市の一部などには顕本法華宗・日蓮宗・法華系単立寺院が多く残っていますが、江戸時代初期に不受不施を唱えた寺院も多く、方墳寺などのように破却された寺院もあります。

⑤本漸寺 上総法華10ケ寺の一つで中心寺院

⑥台方 ルート(歩道なし、脇に小川があり旧道の面影あり)

touganehonnou1.jpg

〇その2

⑦台方の交差点 両総用水の設備もあります。

⑧雄蛇ケ池 人造湖、慶長19年(1614)完成、功労者の代官島田重次の祠あり。

⑨万葉歌人の山部赤人の塚  だそうです。

⑩下田中部落の十字路 倒された道標を発見。→福俵 清名幸谷、←上田中 小野、山口 養安 *年度は大正時代の感じ

⑫小西の道標  此方 栗山オ経テ大網町 小田青年会建立、此方 山口田中オ経テ東金方面 約百間小オ以左折哉山田方面

touganehonnou2.jpg

〇その3

⑬正法寺 関東法華三檀林の一つ、当時の面影はなし、本堂は東金御殿の一部を移築

⑭小安神社前 道祖神

⑮道祖神 新しい、県道83号の下を通るトンネルの直ぐ近く

⑯南海谷 「関東ふれあいの道」を歩くことから左折する、細い道です。

⑰文化財センター(忠魂碑) 調査のため寄ったけれど日曜日でお休み  

touganehonnou3.jpg

〇その4

⑱JR外房線の高架 この下を通ります

⑲高架先のY字路 急な坂を登り左へ、道を間違えないように

⑳房総道水路管理所前 左に変電所が新設されている、上部に送電線

(21)県道20号の下 馬頭観世音あり、小食土区 大正3年1月日)、少し先に御霊神社

(22)小中から門ノ谷方向 高速道路工事で旧道(トンネル)は通行不可

(23)知神社 鉄塔の脇、鳥居だけがある感じ、付近は高速道路工事中

touganehonnou4.jpg

〇その5

(24)白山神社

(25)熊野神社 ルートの少し奥に在ります

(26)関東ふれあいのみちのプレート 地面にあり草で隠れている

(27)砂田のトンネル 手掘りです。鑿の跡が多く見られる

(28)天然ガスの試掘井  房総半島から東京都、埼玉県南部、茨城県南部、神奈川県東部にまたがる広い地域に天然ガスが埋蔵されており「南関東ガス田」と呼ばれています。明治24年(1891)に大多喜町で井戸を掘削していて、天然ガスを含んだ地下水を掘り当て、家庭用にとして用いられていました。東京都でも採掘されていましたが、地盤沈下防止のための地下水汲上げ規制から、採掘中止になっています。*渋谷の温泉でのガス爆発事故が数年前にありました。

touganehonnou5.jpg

〇その6

(29)吉井上のT字路 正面は共同館、右はルート、左は鉾先神社(参拝したが鳥居と表示がなく探すのに苦労)

(30)万光寺 ルートから離れていたが、梵鐘(小さいて本堂にある)を見たくて参詣、七里法華で日蓮宗に改宗

touganehonnou6.jpg

カテゴリ(目次)