e3.大谷寺~日輪寺の最近のブログ記事

〇H22.11.10 追加

 八溝山の登山口~日輪寺~頂上付近のルートについて、7.現地調査報告 「s.雲巌寺~日輪寺」に詳細を掲載しましたので、参考にして下さい。

提案ルートの地図(栃木県-2 大谷観音~日輪寺)


a.この区間は、幹線道路をベースに選びました。場所によっては旧道が出入りしていますので、そこは人それぞれの選択のもとに歩いて下さい。
b.大谷寺から出だしの国道293号線の徳次郎までは、ローカルな道を選びました。地図を良く見て歩いて下さい。なお、近道として、高速道路の側道を歩かれた人もおられます。
c.大子町から日輪寺への区間は、次の佐竹寺への道との重複(往復)になります。この区間には、近津(ちかつ)神社が町付、上野宮、下野宮の3村落に鎮座されています。日本武尊が八溝山に住む賊を退治するときに加勢した神とのことで、光圀の保護を受けました。下野宮が本宮のようです。
d.日輪寺の手前の平郷から、右側の腐沢を上る道(県道248号八溝山公園線)がありますが、この道は林道を上部へ延長した新しい道です。*H5年頃には山道でした。
e.八溝山は、平安時代から金の採掘が行われ、遣唐使の資金にもなったようで、戦国時代(佐竹氏時代、佐竹寺は佐竹氏の祈願所でもあった)が最盛期でした。明治時代にも採掘が行われ、蛇穴から少し下った磯神、小田貝あたりでは遊郭もあったほどとのこと。山道で光っているものがあったら金鉱石かも?。茨城県での最高峰で1022m。


・その1(大谷寺~徳次郎)

ootaninichirin1.jpg

・その2(徳次郎~東北新幹線)

ootaninichirin2.jpg

・その3(東北新幹線~松山)

ootaninichirin3.jpg

・その4(松山~かけ山)

ootaninichirin4.jpg

・その5(かけ山~馬頭)

ootaninichirin5.jpg

・その6(馬頭~境明神峠)

ootaninichirin6.jpg

・その7(境明神峠~上岡三差路)

ootaninichirin7.jpg

・その8(上岡三差路~常陸大子駅~下野宮)

ootaninichirin8.jpg

・その9(下野宮~門ノ井)

ootaninichirin9.jpg

・その10(門ノ井~日輪寺)

ootaninichirin10.jpg

カテゴリ(目次)