g4.高蔵寺~笠森寺の最近のブログ記事

・〇H23.1.17 追記  笠森観音の近くの旧道情報

 H22.12に、マルセさんが歩かれた情報です。大庭から緑色のルートで笠森観音に御参りし、ここから左方向の旧道を歩かれました。結果として、×印の箇所の道が荒れていて、通行は勧められないとのことです。なお、牛久側の道標は、文政6年(1823)のもので、うしく、きさらづ、た可くら、かのう道などが刻まれています。

<参考、笠森観音付近の旧道について>  牛久方面から長柄町方面に行くには、笠森観音のある尾根(関東ふれあいの道が通っている。下図の青線)を越える必要があり、その道は笠森観音の境内を通過していました。(現在の国道はトンネルで通過) さらに、この道に上方向(大庭、千葉方面)からの道が尾根伝いに笠森観音の境内でつながっていました。切り通しもあり、荷車が通れる程の道幅があったことが推察されます。 

kasamorikyudo.jpg

        *国土地理院2万5千分の1地形図使用。

提案ルートの地図(千葉県-5  高倉観音~笠森観音)   H20.7.20


a.この区間には、順礼古道がありますが、分かり易い県道33号線と国道409号線を選びました。なお、県道33号線区間(高蔵寺~東横田駅)は、千葉寺~高蔵寺間のルートと重複(往復)になります。
b.高蔵寺~東横田駅間の往復を避けるとすれば、巡礼古道を選ぶことになります。この古道ルートの高蔵寺から約2km程の区間には未舗装の軽自動車しか通れない程度の路があります。
d.巡礼古道に関しては、カテゴリー「現地調査報告」の「高蔵寺~地蔵堂」と「地蔵堂~笠森寺」を見て下さい。

・その1(高蔵寺~高谷)

takakurakasamori1.jpg

・その2(高谷~牛久)

takakurakasamori2.jpg

・その3(牛久~笠森寺)

takakurakasamori3.jpg

カテゴリ(目次)