d.時間記録(2/2)の最近のブログ記事

坂東巡礼時間記録 (2/2)

|

坂東巡礼時間記録 2/2  (大谷寺~那古寺)


19.H5.3.26 (金) 晴れ  35.5Km
JR宇都宮駅 ~ 下川住町 ~ 白沢 ~ 阿久津大橋 ~ 氏家 ~ 早乙女 ~
8:33     9:31  10:43  11:33   12:05  食事13:53
     9:45    10:53    12:50  14:03

鹿子畑 ~ 志鳥(板橋) ~ 那須小川ゴルフ ~ 小川町(三輪) ~ 古墳見学
15:00  15:43 16:03  16:40入り口    16:57 17:05   10ぷん
15:10

~ 宿(越後屋・・・小川町)
   17:40

*上野から新幹線で宇都宮へ。
*身体の調子が良くなく、昼頃から足の裏が痛くなってきた。荷物を重く感ずる。
*那須小川付近はゴルフ場が多い。
*宿のすぐ手前にあった古墳を、時間があったことから見学した。小高い土の山といった状況で、半分は家の建設で削りとられていた。お墓も永遠ではない。
*宿は非常に古い。屋内配線がガイシによる露出配線である。旅館と言うよりは民宿といったところで、長期滞在者(建設関係)が多いとのこと。一泊二食で5000円と安く、朝食はお代わり付きであったが、布団が重く部屋は寒々といったところである。
  おばちゃんの話では、数年前に歩きの坂東巡りの人が泊まったとのこと。   

20.H5.3.27 (土)  晴れ  24.4Km
宿 ~ 唐御所横穴見学 ~ 馬頭 ~ 大内(馬坂) ~ 境明神峠 ~ 山田
7:25  8:03 8:25    8:56  10:08 10:18  11:22   12:32
                   9:06             11:32    13:42

~ JR 常陸大子駅
   13:56

*唐御所横穴は、山の斜面の地層を上手に利用したスケールの大きい横穴であった。
 平将門の時代にお姫様が住んでいたとのこと。本当か疑問の残るところであり、真実は民家から隔離しなければならない何かの理由があったのではないだろうか。
*健武の大鳥付近で道路脇に落ちていた千円札を見つけた。他にも落ちているのではと付近を捜したら、全部で7枚もあった。こんなに沢山落ちているのだから他にも万札が落ちているのでは、財布もあるのでは、と欲をだしてうろうろしたが見からなかった。人間は欲深いものである、反省。
*境明神峠は、なだらかな峠で、峠らしくない峠であった。
*時刻が早いが疲れていたのと日輪寺側は鉄道がないことから、大子駅でストップ。
*大子駅では、約1時間半の待ち合わせであった。遅い昼食を駅の売店で弁当を買って  ゆっくり食べた。ビールが美味かった。

21.H5.9.19 (日)  晴れ  43.4Km
 JR         JR
常陸大子駅 ~ 下野大宮 ~ (宿:荷物置き) ~ 中ノ内 ~  門ノ井(昼食)
 9:00     0:11 10:21 11:07 11:16  11:53  12:30 12:55

                                  NO.21
~ 小田貝 ~ 腐れ沢入口 ~ マナイタ沢分岐 ~ 林道途中 ~ 日輪寺 ~
  13:15  13:36 13:40  14:05    14:45 14:50  15:40 15:58

マナイタ沢分岐 ~ 腐れ沢入口 ~ 本宮 ~ 中ノ内 ~宿(待月旅館・・白坂)
16:59      17:25  18:24   18:53    19:30
17:03        17:28    18:27

*駅までは自転車で約15分、東京駅の山手線一番電車(4時44分)で出発。
 昼間は、人、人、人の中央通路もガランとしており記念写真を撮りたいくらい。
*常陸大子駅まで約4時間、全く交通の便が悪く遠い。
*腐れ沢入口から日輪寺までの林道は、途中から舗装なしのガタガタ道であった。
*時間が少ないことから、行く時から飛ばしに飛ばして歩いたが、帰りの腐れ沢入口付近から暗くなり、ペンライトで道路脇の白線を照らしての歩行になってしまった。
  途中、後ろに何かの気配がすると感じたことから、ライトを照らすとキラリと光る目玉が二つ、背筋がゾーとした。知らぬ間に犬が後ろをついてきていたのである。
*宿のおばちゃんが大変親切で、遅いからと途中まで車で迎えに来て下さった。しかし、風呂が温く翌日は風邪気味。
*このあたりでは子供達が皆挨拶をしてくれる。これには非常に感心した。気持ちが良かった。

22.H5.9.20 (月) 晴れ  19.5Km
      JR
宿 ~ 下野宮駅 ~ 池田 ~ 久野瀬 ~ 大塩 ~ 所谷(栗拾い)~  山造
7:33  8:31    9:33   10:40   11:38  12:20     12:45
       8:35    9:48   10:54   11:45  12:36       12:49

~ JR上小川駅
   13:30

*良い天気に恵まれたが、前日の無理がたたって足はガタガタ。豆も出来て辛いし前夜の温い風呂で風邪を引いたようである。身体がだるい。
*所谷付近で道路にせりだしている栗の木が有り、栗拾いをした。今年は記録的な冷夏で米も栗も不作のようである。
*大塩を少し行った丸木付近に、弘法水と刻んだ小さな碑があり、その下から綺麗で、冷たい水が流れ出ていた。タップリ飲むとともに水筒に入れて持ちかえった。なかなか美味しい水であった。近くで道路工事をしている作業者も飲んでいた。
*疲れていることもあり、早めに切り上げることとし、JR上小川駅でストップ。電車が丁度来て、駆け足で乗車。
*そんなことで昼食が遅くなってしまい、水戸駅からの電車の中で食べた。お茶がわりのビールがよく効いた。

23.H5.11.15 (月) 晴れ  34.3Km
JR上小川駅 ~ 後野 ~ 山方宿 ~ 岩崎(昼食) ~ 富岡橋 ~ 大方~
8:50        9:40   11:03  12:12 12:40  13:45   14:48
            9:52   11:08               13:57   14:55

 NO.22
佐竹寺 ~ JR谷河原駅
16:10     17:00
16:25

*今回も東京駅の山手線始発で出発。月曜日の水郡線は学生で満員であった。
*紅葉の山連と色づいた柿の木にかこまれての、久慈川沿いの道は、下りであることも  あり快適であった。今年は冷夏であったが、紅葉と柿には関係がないようである。
*新調の靴であったことから、少し歩いただけで左足の親指が痛くなった。帰って2~  3日たったら、親指の爪の半分が黒くなってしまった。
*小貫橋と富岡橋のほぼ中間に位置する久慈岡にある潜水橋を渡った。四国吉野川の潜  水橋の規模には及ばないが、水が足元をとうとうと流れていた。上流で大きな橋を建設中で、そのうちこの潜水橋は無くなってしまうのであろう。
*佐竹寺は、7~8匹はいる思われる犬がギャンギャンと吠えまくり、まったくうるさいといったらどうしょうもない。お寺まいりの人が来るたびにこうなのかと思うと、住職の常識を疑ってしまう。お参りの人を温かく迎えるのが観音様ではないのか。お茶の一杯も出してはとは言わないが? お茶を飲むだけで帰る人はいないでしょう。

24.H6.1.1 (土)  晴れ  34.8Km
                 (久慈川)         (那珂川)
JR谷河原駅 ~ 中野 ~ 栄橋 ~ 静神社 ~ 千代橋  ~ 石塚 ~ 宿
  8:00     8:47   9:25  10:15    11:00   11:40  12:52
           8:55         10:28           11:47  13:00

                     NO.23
 ~ 中山峠 ~福田(東中学校)~ 佐白観音 ~ 笠間稲荷 ~ JR笠間駅
   13:22  14:00 14:07   15:23    15:50    16:20(16:33発)
                        15:46    16:00

*3時50分起床、4時15分マンション出発、東京駅4時35分着。今日は元旦につき山手線は昨夜からの終夜運転中で、何時もと違って駅には大勢の人がいた。旅行者、初詣の人、浮浪者など。
*常磐線の水戸駅手前で初日の出。時刻6時53分頃。電車の中から、写真を撮る人、手を合わせる人、ただ眺める人などいろいろ。
*静神社は、露店も出て初詣の人も多くみられた。これに釣られてお参りをすることにした。関東の三大鎮守のようであるが全然知らなかった。大きな杉の木が参道(階段)脇にあり、神社らしいおもむきであった。本殿脇では古いお札を燃すための焚き火もしており、田舎にいたころの正月を思い出した。
*福田(滝沢)付近に坂東、西国、秩父、四国の巡礼碑があった。江戸時代のもの。
*佐白観音の住職さんは気持ちのいい人であった。お正月につき干支の置物(石けん)が無料で置いてあり頂くことにした。あ茶とお菓子も頂き感謝、お礼の意味も込めてお孫さんらしき子にお年玉(千円)をあげた。
*笠間稲荷は、日本三大稲荷と言われているだけに初詣の人が多かった。

25.H6.1.15 (土) 晴れ  36.4Km
JR笠間駅 ~ 入道 ~ 鏡ケ池 ~ 小塩 ~ 関場 ~  県境 ~ 本郷 ~
 8:20   9:27   9:58  10:25  11:48  12:04  12:44
           9:35          10:40  11:58

NO.20
西明寺 ~ 本郷 ~ 山本 ~ 県境 ~ 入野 ~ JR岩瀬駅
13:55  15:10  15:24  15:55  16:50  17:30
14:15         15:31        16:55

*入道付近は花崗岩の産地で、石の切り出し場と加工場が沢山みられ、休憩時間中の人と少し話をした。明治時代以降に切り出しが盛んになったとのこと。
石と土砂を運搬するダンプカーで、小塩の先までは埃を被ったり、車を避けたりの歩行で大変であった。
*鏡ケ池と言う桜川の水源池があった。岩瀬町の案内板があり「紀貫之」の和歌にも歌  われ有名とのことであるが、岸辺にゴミが多かったことが気になった。
*本郷から西明寺までの道は、行きは少しでも近道をと山越を選択したが、入口が判らず近くの農家に聞いた。「道が悪いが昔は乳母車が通った」との話しを頼り歩き始めたが道の形跡も無くなっているところも多く、途中で脇道に入ったり、倒木を乗り越えたり、くぐったりで大変であった。乳母車が通っていたなんて信じがたい。
  前日の雪が少し残っていてグチョグチョのところもあり、ズボンの裾を汚すことも  あって戻ろうかと思ったが、地図と磁石を頼りに意地で通り過ぎた。猟銃の空薬莢を拾った。
*西明寺は、落ち着いた感じの良いお寺であった。益子焼きの産地につき、御詠歌の書  かれた湯飲みを記念に買った。

26.H6.9.3 (土) 晴れ  30.7Km
           NO.24
JR岩瀬駅 ~ 雨引観音 ~ 長岡(二神川) ~ 羽鳥 ~ 上大島 ~ 沼田 ~
 7:30 8:41 8:58   10:07   11:32  12:25  13:35
                 10:30   11:37  12:50

NO.25
大御堂 ~ 筑波山神社 ~ 北条 ~ 小田(十字路バス停)
14:15  14:38 14:43  15:42 16:43
14:35            15:50

*残暑厳しい日であったが、半ズボンの軽快なスタイルで歩いた。
*雨引観音は静かな所で、セミが沢山鳴いていた。
*推尾付近には灯籠などを造る石工さんの工場が多い。技術向上に貢献した石工さんの記念碑があった。
*沼田から大御堂へは歩道を歩く。登りの途中にあった店で休憩した。大きなキュウイの木があり、店の人の話しでは、オスとメスの木があって両方がないと実らないとのこと。
*筑波山神社は立派で、宮女に道を聞いた。
*中坪の下りで句碑を調べていた人達に会う。「雪は舞うさず、紫の筑波山」-阪部らん雪。芭蕉の門弟。意味が良く分からない。
*北条は古い城下町のような落ちついた感じのよい町である。
*時間と疲れから小田(十字路)で止め。バスに乗り帰宅。バスがすぐに来た。
*羽鳥付近で飲んだ水道の水にあたる。土浦までのバスがつらい、土浦駅で即トイレ。

27.H7.7.27 (木) 晴れ  17.3Km
 バス停              NO.26
小田(十字路)~ 沢辺 ~ 清滝寺 ~ 大志戸(昼食) ~ 土浦北地先~  JR 土浦駅
 11:10  12:00  12:07   12:50 13:30    14:30      17:12
         
*小田(十字路)の11時10分遅いスタートである。
*小田(十字路)~沢辺の道は、近くに採石場があるためダンプが沢山通る。道が狭く危険だしほこりもすごい。
*沢辺付近で近道をしようと田んぼ道を通ったが、途中で道がなくなり後戻り。
*清滝寺で寺番のおじさんと話す。檀家のない寺とのこと。1000円寄付した。
*昼食をとるため食堂に入ったが休み。店のカップラーメンを食べさせてもらった。
 なお、暑いため1時間程休ませてもらった。夏祭りとのこと。
*着替えのため土浦駅前の公園へ歩いているときに、サイフを拾った。8000円入っており駅前の交番へ届けたところ、東京へ帰った夜に電話があり落とし主が分かった。後日切手同封の礼状が届いた。カメラマンでニューヨークの夜景写真も同封されていた。
  お金よりカード類が戻ったことに感謝、感謝の文面であった。

28.H7.10.15 (日) 晴れ  30.2Km
JR土浦駅 ~ 中郷 ~ 吉原(小原橋) ~ 久野町 ~ 奥原町 ~ 下倉山
7:30 8:39   9:56 10:03 10:56   11:45   12:58
    8:49     11:03   12:03  13:18
~ 下加納 ~ 上金江津 ~ JR 滑川駅
  12:24    15:24    16:10
  14:33    15:34

*土浦駅をスタートした直後に時計のバンドが切れた。コンビニで瞬間接着材を買って貼ったが良く接着しなかった。このため、ポケットへ入れて歩く。
*2時間程歩いたところで足の裏が痛くなった。これまで経験しない状況で最後は足を引きずってのヨレヨレ歩き。滑川観音まで行きたかったが中断して電車に乗る。
*久野町付近の水田の用水路で釣りをしている人が多くいた。あまり釣れていないようだが魚はいるようである。土手を歩いていると魚の逃げるのが見えるから。
*伊佐津付近で柿を失敬して食べたが、これが渋柿で口の中がモヤモヤ。うがいする水筒の水も無くモヤモヤ状態でしばらく続いた。悪い事は出来ない。
*下加納付近の水田は耕地区画整理がされており、直線の農道を歩いたが変化がなくて疲れた。
*滑川観音の位置を地図上で間違えていてルート取りで往復 3kmのロス。

29.H7.11.4 (金) 晴れ 31.4Km
           NO.28
JR滑川駅 ~ 滑川観音 ~ 滑川駅前 ~ JR横断(小松) ~ 神崎神社前
7:50   8:05    8:52   9:35 9:46 10:22
    8:37

~ JR横断(群) ~ 西部田 ~ JR横断(谷中) ~ JR横断(森戸)
   10:40    10:58     11: 24     12:08
      11:14

~ 佐原(昼食) ~ 篠原本田 ~ 東関東自動車道 ~ JR水郷 ~ 宗田
12:40 13:19  13:40   14:57 15:02   15:23    15:58
             14:03                        16:00

~ JR小見川駅
   16:30

*地図を忘れた。神崎神社前を大回りしロス。
*昼食時の食堂トイレの花が綺麗であったことから、お釣りをチップとして渡した。
*神崎は、学校でのイジメが報道されたところ。
*香取神社の鳥居が利根川の堤防にあり、川と関係がありそうである。
*全体的に道が狭く歩道が殆どない。交通事故の多いことが考えられる。

30.H8.1.1 (月) 晴れ  19.0Km
JR小見川駅 ~宿浜(笹川変電所前)~ 新宿 ~ JR下総豊里先 ~ JR稚柴先
6:15      7:10 7:30      8:30  9:48 9:57    10:58
                       8:45                 11:06
             NO.27
~ JR松岸先 ~ 飯沼観音 ~ 納教所 ~ JR 銚子駅 電車で犬吠崎へ
   11:57    13:00      14:00
   12:05

*元旦で犬吠崎への道のためか車が多い。佐原からのマラソンの人が追い抜いていった。
*笹川では天保水滸伝で有名な笹川親分の墓にお参りしたが、正月というのに飾りもなく
 寂しい。平手御酒の墓も並んでいたが碑は大きい。
*飯沼観音の納経所は、寺とは別の場所にあり探すのに手間取った。時間のロス。
*足には豆が出来痛い。全体的に調子が悪い。
*犬吠崎は初日の出の見学が終わった後で人出が多いがゴミも多い。ここで食事。
初日の出のために東京からの特別バス、電車が出ているようである。
 岬特有の景色、潮の香りがした。足摺岬、室戸岬、潮ノ岬と同じである。さらにイカの焼く匂いも。
*銚子は醤油の町で醤油工場が多くみられる。またその臭いもしていた。田舎における山安味噌製造の蔵の近くの風景を思い出した。

31. H8.3.3 (日) 晴れ  31.0Km
JR銚子駅 ~三崎町3丁目 ~ 飯岡 ~ 蛇園 ~ 若衆内 ~ 新川(橋) ~
8:40    9:42 9:58  11:10  12:07   13:50  14:12
                 11:21 12:30   13:58

 JR干潟先 ~ 椿 ~ JR八日市場先 ~ JR飯倉駅
 14:34  15:06   15:49      16:24

*足に豆が出来た。(左足)
*銚子から少し歩いたところで、黒い女ものの帽子を拾った。持ち帰った。
*銚子~飯岡間はなだらかな山越え。
*飯岡では講談で有名な飯岡親分の墓にお参りした。1月1日にお参りした笹川親分の  墓と比べこじんまりしている。墓の横に説明板があり「講談の内容とは逆で飯岡親分の方が善人であった・・・」と、又綺麗な花が生けてあった。正月にもかかわらず花の無かったが笹川親分の墓とは対象的である。時代によって人の評価も変わる。本当の評価とは何であろうか?
*飯岡付近から先は強い北西の風を正面から受け歩くのが大変なほどであった。叉、道と景色に変化もなくておもしろくない。
*閉店廃業したパチンコ屋の建物の日溜まりで風を避けて休憩したところ、足元に蟻が  せっせと動いていた。接待の飴をあげたらいっぱい寄ってきた。寒い冬を越して腹がへっていたのだろう。

32.H8.6.2 (日)  晴れ 28.6Km 
              JR    JR
JR飯倉駅 ~ 光町 ~ 横芝 ~ 松尾先 ~ 富田 ~ 姫島 ~ 台方 ~
8:40(8:52)  9:20 9:55 10:39   11:51 13:03  14:32
         9:35      10:50  12:01 13:30 14:54

~ 山田 ~ 本郷台(bus stop) バスで千葉駅へ
   16:00   16:57
   16:10

*JR飯倉駅前での着替えでメガネを忘れてしまい、5分程歩いて気づいて戻ったころ  あった。日曜日で人通りの少なかったのが幸いした。
*今回も足に豆が出来た。右足で左足は何ともない。
*路地の花が綺麗で良い季節である。
*JR成東駅先の踏切は、何処かで見たところだと記憶をたどってみたら、今朝電車の中から見た光景であった。
*千葉東金道路の山田ICに向かっての歩道は、料金所の前で途絶えており歩行不可となった。止むを得ず200mほど戻り一般国道を歩く。このあたりは急な登りである。


33.H9.1.3 (金) 晴れ  22.6Km
 バス停                 NO.29
本郷台 ~ 宮田 ~ 大宮IC横 ~ 千葉寺 ~ 蘇我(淑徳大先) ~ 古市場町~ JR浜野駅
8:20  9:30  10:35    11:41                 13:40    14:10
     9:40  10:47     12:15

*千葉駅でのバスの時間待ちが長く寒かった。正月でもあり店も開いていない。
*千葉駅から本郷台までのバスは、距離があり時間がかかった。客は少ない。
*白のジャンパーに赤のバックと、目立つ完全防寒の服装で歩くが、そんなに寒くない  天気である。
*東金街道の旧道の分岐点に街道を示す石碑があった。最寄りのバス停は宮田である。
*森の公園付近は道路工事中で、非常に歩きづらかった。
*千葉寺は、お正月でお参りの人が多い。
*歩き終わるには時間が早いが、お正月でもあり古市場町13時40分で打ち切り。
 JR浜野駅へ歩いて戻った。(約20分)

34.H9.6.22 (日) 晴れ 36.6Km     NO.31
JR浜野駅 ~ 久々津 ~ 潤井戸 ~ 皿木 ~ 刑部 ~ 笠森観音 ~
 7:50    8:40  9:40  10:50 12:00  13:20
        8:50  10:00 10:55  12:20  14:00

                       いすみ鉄道
茗荷沢(長南変電所前) ~ 市野々 ~ 鍛冶町 ~ 大多喜駅
  15:10 15:20    16:20   17:30  18:00
                   16:28    17:37

*全体的にゆるやかな登り道である。
*潤井戸で半ズボンに着替える。
*長柄山の近くに無線施設があり、アンテナが林立していた。飛行機用か?
*ラジコン用のグランドがあり、飛ばしている人がいた。なかなか上手であった。
*笠森観音は、ガイドブックにも書いてあるとおり見応えのある建物である。
 お隣さん(多田さん)の奥さんがおめでたなので、安産用のお守りを頂いた。
*長南変電所の近くを通った。この変電所の電線引き込みの設計を職場の中川君がした  こともあり、写真を撮った。帰って渡した。
*大多喜駅で取り止め。遅くなってしまった、18時。茂原駅経由で帰る。

35.H9.6.24 ( ) 晴れ  37.1 Km
 いずみ鉄道         NO.32
大多喜駅 ~ 中山 ~ 清水寺 ~ 国吉駅先 ~ 船子 ~ 米原 ~ 小草畑
 9:15    10:15  12:00    13:33    15:00  16:25  17:15
         10:24   12:25    13:40    15:17  16:30

        小湊鉄道
~ 古敷谷 ~ 飯給駅
  18:48   19:20

*地図を間違えて持ってきてしまった。大多喜駅の近くの本屋でガイド地図を買うが、スケールが大きくて不便。
*暑い日である。国道歩きは単純で辛い。
*国吉~清水寺間は旧道で、車も少なく樹木の日陰側を選んで歩く。
*梅の実がちょうど色づく季節で道路に沢山落ちていた。このあたりでは収穫しないようで、梅酒を思い浮かべながらもったいないなと思った。
*大多喜~清水寺間は同じ道を往復した。大多喜での戻り時刻が15:15 であったが、無理を承知で飯給駅まで行くことにした。羽黒山への登りの国道は急坂で暑くて参った。
*吉沢で道を間違える。ゴルフ場用の道路で関係者立ち入り禁止の表示があったことから通行しなかったが、これが間違いで約2Kmのロスになり山道で薄暗くなり焦った。
*飯給駅着 19:20で、無人駅。駅の近くの売店の自動販売機でビールを買う。美味い。
 駅に近くのオバチャンがいて、世間話しを少しする。 景気はよいですか

36.H9.10.9 (木) 晴れ  34.3 Km                                                             NO.30
飯給駅 ~ 吉野 ~ 小櫃駅近く ~ 戸崎 ~  草敷 ~  高蔵寺 ~ 台木
8:20    9:40            10:50   11:55   12:22
         9:48            10:55  12:00   12:43

~ 長石 ~ 根木 ~ 中島 ~ 皿引 ~ 大山野 ~ 稲子沢 ~ 山王塚
        14:30  15:09        16:22    17:00   17:18
        14:40

~ 宝竜寺 ~ JR佐貫町駅
  17:26     18:00

*電車の乗り継ぎが最悪で、出発が遅くなってしまった。(舞浜 7:00 出発)
*東京湾横断道路の完成が今年の12月で、それに関連した開発用の山砂の運搬用ダンプが数珠つなぎの状態で危険そのもの。スピードも落とさない荒い運転だ。
*前夜は風が強く、そのためか残り少なくなった山栗が道に沢山落ちていた。拾いながら歩いたことからスピードが出ない。帰って茹でて食べたが、小さいことから割ってスプーンでかいて食べた。家族は誰も食べなかった。
*高蔵寺から少し歩いたカズサアカデミアパーク内の新しい道で、道を間違える。約25分のロスで疲れた。自分のいる所が分からなくて。地図に無い道である。
 道を間違えたことでアカデミア送電線の終端部が見られた。写真を撮って設計を担当したS君へ後日送った。
*泉付近でも道を間違える。道路工事の交通整理のアンチャンに聞いたがこれが間違いで、全く頭にきてしまう。途中で車を止めて教えてもらい現在位置を確認した。
*佐貫町駅への到達は遅くなってしまい18時、真っ暗である。

37.H9.10.12 (日) 晴れ 32.6 Km  
 JR
佐貫町駅 ~ 船端 ~ 上総湊駅先 ~ 竹岡駅先 ~ 明鐘岬 ~ 安房勝山駅前
8:35         9:48      11:05  12:20  13:30
         10:05     11:10    12:27   13:36

                      NO.33
~ 岩井駅先 ~ 木ノ根峠 ~ 那古観音
            14:40    16:10
            14:50

*佐貫町駅前の広場に兎を入れたバスケットを持ったすこし精薄の少女がいた。タクシー運転手がからかっていたが、運転手も運転手だ。
*東京湾観音が白く大きく見えた。立派なものである。
*駅から上総湊駅までは旧道を歩く。海岸は海水浴場が広がっている。地図に山砂を運搬する軌道の線が2本ありどのようなものか期待していたが、廃止されており残骸が少し転がっていた。
*上総湊駅先の湊川左岸におる農協前で半ズボンに着替えたが、その後は軽快である。
*鋸山付近の国道は、岩の海岸線いっぱいのところにあり見晴らしはよいが、狭く歩道 がない。ところどころにあるトンネルは特に狭く、車も運転が荒く危険そのものである。赤色の点滅注意灯を持っていってよかった。
*保田には会社の保養所があり10年前ほどに来たことがあったが、港はその時より広々とし綺麗になっていた。
*木ノ根峠の登り口で農業の人に道を聞く。ここの登りはきついがトンネルからの下り  はなだらかで、車も少なく快適である。道の両側には農家が点在しており、ビニールハウスで花を栽培しているようである。ラジオを聞きながら作業をしておられノンビリムードであった。
*地図上の距離からいくと那古観音の17時門限に間に合うかどうかのため、休憩を取らないで急ぎに急いだ結果早めに着いた。木ノ根峠からは道が下りであったこともあり。
*那古観音で満願の証を頂いた。境内からの景色はグッドである。
*これで板東も満願であるが、特別の感動は沸いてこなかった。朝には「今日で満願」とそれなりの意気込みがあったのとは反対に。
  でも、元気に事故にも会わず完歩出来たことは、観音様のおかげ。
ありがとうございました。
*H3年5月から7年間、初めの頃に歩いた道やお寺の名前も、記憶が薄れてきている。

カテゴリ(目次)