G.環境学習工作の最近のブログ記事

環境学習の工作

|

  環境学習の工作

 地球温暖化防止活動推進員、環境学習アドバイザーとして、小学校、公民館、児童センター、児童育成センターなどで、環境学習のお手伝い(講師、ボランティア)をポチポチとしてます。

 この環境学習で実施している工作の、作品と作り方などを紹介します。

1.ドングリ工作

(1)トトロの友達とドングリ独楽

  所要時間は、小学校1年生で2時間ほど。ドングリと台木には、事前に穴あけをしておき、楊枝を心棒にボンドで固定します。ペイントには水性のポスカを使用します。

 独楽回し大会も実施します。独楽をよく回転する秘訣は、①丸く形の良いこと ②軸を真ん中に付けること、 ③ドングリの先端の突起をサンドペーパーで削り落とす、上からつまんで回転させること です。

 *なお、ペイントは、油性の方が仕上がりは綺麗ですが、児童には取扱いが難しいため水性にしています。また、接着にはホットボンドの使用もありますが、機器の確保が多くなること(1クラスで30台)と、低学年での使用に難があることから、木工ボンドとし、作業がし易いように心棒を併用しています。

totorokumi.JPG

               

 ・これはペイントの見本として製作したもの。お遊びですね。

ningyo3ko.jpg


totoroseisakuzu.jpg

                    

 (2)ヤジロベエ

  環境学習では、上部のみ工作します。(台、棒、家、人形はオプション) 帽子はドングリのカクト(パンツとも呼ばれている)です。

yagiro1.jpg

yajirosetumei.jpg

 

 ・これはお遊びで製作したものです。講師バージョン。

yagiro2.JPG

(3)どんぐり工作の事前準備

 (1)の「トトロの友達とドングリ独楽」の工作材料の準備は、30人×6クラスでは予備含めて200人分になります。例えば、穴あけは1400個になるため、何回かに分けて気長に作業します。穴あけ時のどんぐり支持には手製の治具を使用して効率的に実施できるように工夫しています。

dongurijunbi.jpg

                                                            

2.松笠フクロウ

 松笠を使用したフクロウです。足、頭羽・尾羽、くちばしなどはフエルトです。とまり木はススキの茎ですが、割りばしの使用も考えられます。 目は市販の動眼を使用しています。径11mm、百円ショップで購入(12個入り100円)

 Aタイプ、Bタイプの選定は、お好みで。

 

fukurouab.jpg

3.空き紙パックなどを利用した自動車

(1)トイレットペーパー芯を利用したレーシングカー 

 車体にはトイレットペーパー芯、タイヤホイールにはペットボトルキャップ、タイヤには自転車のチューブを使用しています。 動力には輪ゴムを使用し、チョロキュウと同じようにプルバックするように工夫しています。

reicingukansei.JPG

・プルバック(自動的に慣性走行)させるための構造

doryokuseisaku.jpg

 <参考 プルバック方法(車を慣性走行させる方法)>

   車軸に輪ゴムを縛りつけ、プルバックさせて輪ゴムを車軸に巻き付け(輪ゴムを伸ばす)、走行させる。すると、車は巻き付けた分だけ走行し、その後は、慣性走行する車の車軸に輪ゴムが逆方向に巻き付きブレーキとして働き、車は急ストップしてしまい、慣性走行がないため走行距離を稼げない。

 慣性走行させ距離を稼ぐ方法としては、走行し輪ゴムが縮んだら、輪ゴムを車軸と自動的に切り離し、フリーにすることである。、以下の3方法が考えられる。A、C、D

 「A図の自動フック」は、自動でプルバックと慣性走行が可能な、今回考案した方法です。

pullbackmethodo.jpg

  レーシングカーの工作手順

reishinseisaku.jpg

(2)牛乳などの空き紙パックを利用したトラック

   構造的には、レーシングカーと同じです。

truck.jpg

truckseisakuzu1.jpg



(3)ジュースなどの小さい紙パックを利用したジープ

  構造的にはレーシングカーと同じです。jeepseisakuzu.jpg

(4)浦安市のおさんぽバス

 1000mlの牛乳パックを使用します。構造的にはレーシングカーと同じです。

 <おさんぽバス  浦安市のHPから抜粋 >  「おさんぽバス」は、バス交通の不便地域の解消と高齢者などの移動手段に制約がある方への交通サービス、公共施設を利用する際の利便性の向上を目指して、市が運行しているコミュニティバスです。 医療センター線は、東京ベイ・浦安市川医療センターと新浦安駅間を片道約30分で運行し、舞浜線は、舞浜駅と新浦安駅間を片道約50分で運行しています。 両線とも全車30人乗りの小型ノンステップバスで運行しています。

<表面に貼る「おさんぽバス」の絵> 浦安市のホームページからプリントアウトできます。トップページ右側のバナー「おさんぽバス」

 osanpobus.jpg

4.環境学習用の道具 

  これは環境学習用に製作しました、手回し発電機と充電式のミニ電気自動車です。廃物利用(リサイクル)を基本にしています。

 環境学習では、発電機を回転して充電し競争をさせます。 学習の狙いとしては、発電機の回転には力(エネルギー)が必要なことを実感してもらい、家庭の電気は発電所で油やガスを燃やして造られるこから、「電気を大切に」、「節電しよう」「温暖化防止」とつなげることです。 

 ・発電機には、自転車のハブ発電機やプリンターで使用されていた直流モーターを使用。なお、ハブ発電機は交流のため整流する必要がありますが、これにはAC/DCアダプターを解体しこれを使用しています。

 ・ボデーには、洗剤やペットボトルの空き容器を使用

 ・タイヤ(車輪)には、空き容器(お酒のワンカップなど)のキャップを使用

 ・電池には、充電時間を短くするために電気ニ重層(電気キャパ)を使用 *これは購入

 ・変速機には、タミヤの3速変速機を使用 *これは購入

denkicar.JPG

     〇浦安市環境フエアでも使用(フエアは、毎年5月に新浦安駅前広場で実施される)

H25kankyo.JPG

カテゴリ(目次)